早漏でお困りの方、ダポキセチンという成分は射精時間を延ばすことのできます。早漏を予防するグッズや方法はありますが、まずはダポキセチンを試してみてください。きっと悩みは解決できるはずです!

OKサインを出す男性たち
  • ホーム
  • ダポキセチンが早漏に効く理由と正しい治し方

ダポキセチンが早漏に効く理由と正しい治し方

色々な薬

早漏の正しい治し方は、セックスのときにリラックスをすることで、女性とのスキンシップに慣れていないと、緊張しすぎてしまって、早く射精をしてしまったり、射精できなくなったりします。
この時に再度挑戦しておくと早漏にならないのですが、失敗したことに落ち込んでしまうと症状が長引くこともあります。
早漏は基本的には思春期の男性に多いとされていて、この場合は女性経験の少なさが原因とされています。
思春期の場合は、女性経験を積むことで症状がでなくなりますが、中高年になってから早漏になった場合には、ストレスが原因なので、リラックスをする方法を身につけたり、ダポキセチンのような早漏に効く薬を服用する方法があります。
ダポキセチンを服用すると興奮しなくなるので、緊張や不安を感じにくくなります。
落ち着いた気持ちでセックスができるので、早漏の症状が出にくくなります。
射精の時間が短い場合には、この薬を服用することで、3分から5分程度挿入している時間を長くすることができます。
射精までの時間が短すぎると、精子の量が少ないので不妊症の原因にもなります。
短期間で症状を改善させるためには、パートナーと話し合って、何度もセックスをすることが必要で、恐怖感を感じる行為を短期間で何度もすることで、早漏に対する不安をなくすことができます。
包茎の場合は、亀頭が敏感になっているので、手術などを行って治療する必要がありますが、心因性の場合は脳が過剰に反応してしまっているだけなので、セックスになれることで射精までに時間を長くすることができます。
また有効な手段としては少量のアルコールを飲むというものがありますが、飲み過ぎると射精ができなくなるので、注意が必要です。

人気記事一覧