早漏でお困りの方、ダポキセチンという成分は射精時間を延ばすことのできます。早漏を予防するグッズや方法はありますが、まずはダポキセチンを試してみてください。きっと悩みは解決できるはずです!

OKサインを出す男性たち
  • ホーム
  • ダポキセチンと射精の関係

ダポキセチンと射精の関係

OKサインを出す男性

射精のメカニズムから理解することが大切です。
性的に興奮をして我慢ができなくなったときに射精が起きます。
我慢することで、ある一定の時間を凌ぐことは可能ですが、ある時に限界が訪れて射精に導かれるでしょう。
その我慢する時間が短い人ほど早漏になります。
早漏の男性はある特徴があります。
それは脳内で交感神経が優勢に働いていることです。
射精に関与しているのがノルアドレナリンであり、早漏の男性はこの物質が多いことがわかっています。
しかし単純に多いわけではなく、抑制する物質が少ないからこそ多くなります。
その抑制する物質こそセロトニンです。
セロトニンが吸収されやすい特徴を持っており、その作用が働きやすいのも早漏男性の脳内の特徴です。
セロトニンを吸収しにくくすることに貢献するのがダポキセチンになっています。
この成分が含まれている医薬品を服用すると、セロトニンの吸収を防ぐ効果があり、ノルアドレナリンを抑制します。
交感神経が働きにくくなっていることから、その興奮具合を抑えることができ、射精スピードを遅らせることが可能です。
個人差がありますが大体普段よりも3倍スピードが多くなると言われていますので、早漏に悩む男性にとってみれば画期的な医薬品になるでしょう。
このダポキセチンは、もともと抗うつ剤として使用されていました。
興奮を抑えるセロトニンの吸収を抑えてくれる効果をダポキセチンが持っていることから、抗うつ剤として使われていた理由もわかるでしょう。
この医薬品を服用していた男性の報告によって、早漏改善薬として誕生した経緯があります。
またこの医薬品は副作用が少ないことで知られています。
大変優れている医薬品ですので、多くの男性に試してみる価値があると言えるでしょう。

アーカイブ
人気記事一覧